IMG_0274 (640x480)

今日は、皆様にお知らせです。
ボホール島ダグビラランでご活躍されております。
GOODダイブショツプのHPから神田真児様のお報告を引用させてもらいました。

こちらからです⇩
 
バリカサグ島 入島制限 情報

2014年11月現在、パングラオ島モリンシパル(郡)にて
バリカサグ島のダイバー入島制限に関してのミーティングが進行中です。

環境保護という名目で進みつつあるこの入島制限は、
すでに実施されることは確実となりましたので、HP上で進行状況などご報告します。

※まだ最終確定をしていませんので,このHPの内容は保障されるものではありません。
  随時変更をしていく予定です。
現状: 11月現在

■書類進行遅れ中で、2015年1月末頃、施行の可能性となっています。


バリカサグ島 入島制限 内容

■ダイバーの人数制限
 バリカサグ島を5つの区間に区分けをして、各ダイブサイト 1日 60ダイブに制限する。

 <※1人が2ダイブで1ダイビングサイト30人 / 1人が3ダイブで1ダイビングサイト20人>
■天候不良による、ポイント制限調整無し。
■エントリーとエキジットポイントの固定 (ちょっと無理・・・)
■EUFチケットをパングラオ島 役所で販売(要事前購入/ナンバー管理)
■エントランスフィー/カメラフィー/バンカーボートエントランスフィー大幅増額
■グローブの禁止 / 指示棒の禁止
■バリカサグ島ダイビングの事前予約の必要 (予約の最終方法:未決定)
■全バンカーボートの登録制 (他のエリアからだと・・確実にこれなくなります・・)
■バリカサグ島だけでなく、パングラオ島全体の区分け、別途ダイビング料金の徴収対象

という内容で検討され、今現在、試行されようとしています。
内容的にかなり厳しく、無理な部分も多いので、施行された後・・
多少の修正は入ると予測しています。が・・
施行された場合、これは法令となりますので、従わざるを得ない状況です。

入島制限 実施時期

モリンシパル(郡)役所の担当者によると、2014年年内に実施を目標としています。
今現在(2014年10月時点)では早ければ11月半ば施行ということですが、
しばらくテストランニングをすると言うことで、年末年始のゲスト様までは
大丈夫だと役所の担当者から言質は取ってあります。

<実施までの手順をわかる範囲で記載>
①公聴会(パングラオ島ダイビングショップを中心に意見交換)
②パングラオ島 プライベート オーガナイゼーション設立
③バリカサグ島 入島制限ストラクチャー(基本構成)書類完成【今現在
④パングラオ島 市長の署名
⑤ボホール州知事の署名
⑥パングラオ島 市役所に書類が戻る
⑦ローカル新聞に載った時点で試行開始 (役所担当目標 11月半ば)
⑧テストランニング
⑨2015年には完全施行

GOODダイブショップとしての対応

■バリカサグ島のお申し込み 事前ご予約制となります。(実施時期未定)
■バリカサグ島へのお申し込みは2名様以上に限定させて頂きます。(実施時期未定)
※どうしても1名様での希望の場合、バリカサグ島1名様料金の設定を検討中です。(未定)
■カメラフィーのゲスト様徴収を検討中です。(実施時期未定)
■グローブ/指示棒の禁止に関しては、法令施行にあわせて実施開始します。

もろもろ・・・つぶやき・・・・

このGOODダイブショップとしては、営業上不利になる情報。
実施まで待ってHPアップも考えましたが、、
良いことも悪いことも現地情報をきちんと発表していくべきだと考えましたので、
今回のHPアップとしました。

実質、、バリカサグ島のダイバーは多すぎるのは間違いの無い事で、
環境保護の観点からすると、
ダイバーの入島制限に関しては首肯せざるを得ない状況です。
ただ・・かなり性急過ぎます。

シバタンに入っている規制は1日120人ダイバーとの事です。
バリカサグ島で、もし、3本ずつ計算なら、各ポイントに20人×5ポイント=100人/1日
シバタンほどの人気ポイントなら、それでも集客ラインは見えるでしょうが、、
フィリピンバリカサグ島での、規制は・・ちょっとダイビングポイントのレベルが違うので、、
今後のボホールの観光という意味でも大きな影響があると思っています。

なにはともあれ、、状況は決まりつつありますので、、
今現在、最大限の情報収集をして、きちんと予約をすれば、バリカサグ島で
必ずダイビングできる方向に最大限努力中です。

1ポイント20人~30人制限で、40以上のダイビングショップのあるボホールエリア・・
実際稼動しないとわからない部分もありますが、、
ご予定などの調整も必要になってくると思っています。

そして、、、試行時期が読めないのは事実です。
フィリピンでの不手際を考えると、来年GWくらい?と考える部分もありますが、
この入島制限、それに伴う大幅な課金・郡の収益アップを考えると、
パングラオ島モリンシパル(郡)は全力で、最大限の速さで処理する可能性もあります。
その場合年内試行も可能性としてはあります。
せめて、施行は日本サイドへのインフォメ時間を考えて、
来年の3月以降と交渉はしていますが・・・

GOODダイブショップ自体の所在、登録がボホールタグビララン市という部分があり
パングラオ島 モリンシパルのミーティングでの発言権は無く・・基本呼ばれることも無く
毎回、無理やりに公聴会に参加するも・・状況を確認するのが精一杯な状況です。

突然の試行、バリカサグ島に潜る為にボホールに来たのに、潜れない!!など無い様に
ゲスト様へのご迷惑が掛かるという事態だけは、絶対に避けるべく
今後もきちんと、情報をアップしていく予定です。

とりあえずの現状報告アップとさせて頂きます。

GOODダイブショップ 代表 神田真児


弊社、フリークルーダイビングセンターでもこの法令改正に基づき、今後のクルーズツアーの方向性を検討していきたいと思っております。 
また弊社のHP、FB、ブログでご報告していきたいと思っております。